常連客が語る!高級キャバクラの魅力とは?

高級キャバクラを愛する男性達の体験談

ご訪問、ありがとうございます!当サイトは高級キャバクラの体験談を掲載しています。美しい女性たちと癒やしのひと時を過ごしたいという男性の皆さん!ぜひ一度、体験談を読んで参考にしてみてください。高級キャバクラが他の店と比べて何が良いのか、いまいちピンと来ないという方もいるかもしれません。そこで今回、高級キャバクラが大好きな3名の男性に話を聞いてきました!

目次

長年高級キャバクラに通っているAさん

長年高級キャバクラに通っているAさん

高級キャバクラに通い始めて、もう10年以上経つかな。ガールズバー、キャバクラ、クラブ等他のお店にも浮気したけど、やっぱり高級キャバクラが一番だよ。キャストのクオリティやサービスの質は、ちゃんと値段に見合っていると思う。もちろん安い値段ではないから、行った後は「仕事頑張ろう!」って気になれるしね。

それと、とにかくキレイな女性ばかりなのがいいよね。同伴やアフターの時にキャストを連れ歩いてるとチラチラ視線を感じるんだ。それがたまらない優越感で、個人的には一番のメリット(笑)これからも元気なうちは通い続けたいな~って思ってるよ。

そんなAさんは、お店を探す時にいつも高級キャバクラ・ラウンジ・クラブ人気店情報で調べられているそうです。どの店にしようか見当もつかないって方は参考されてみてはいかがでしょうか。

よく接待で高級キャバクラを利用するBさん

【よく接待で高級キャバクラを利用するBさん】

高級キャバクラは、大切なクライアントを接待する時によく使ってますね。クライアントの好みの女性を事前にリサーチして、その系統のキャストを席に付かせます。タイプの女性に囲まれながらお酒を飲むと、やっぱり気を許してくれやすいんですよ(笑)

キャストにチップを渡してアフターに行くこともあります。そうするとクライアントと自分の新密度がアップするので、より交渉がしやすくなったりしますし。高級キャバクラは、ビジネスにおいてもなくてはならない存在です。

最近高級キャバクラに通い始めたCさん

【最近高級キャバクラに通い始めたCさん】

高級キャバクラには付き合いで行ったんですけど、めちゃくちゃハマってしまいました(笑)お店のゴージャスさとかサービスの良さが、普通のキャバクラと段違いなんですよ。あとはなんと言っても女の子が可愛い!アイドル並みに可愛い!俺好みのルックスにドンピシャなキャストがいたから、その子を指名してます。今は恋人のように毎日LINEをし合ってて……本当に幸せですw

素晴らしい時間を過ごせるように

高級キャバクラのおかげで、人生が豊かになったという方は多いようですね。あなたも、彼らのように高級キャバクラで楽しい時間を過ごしてみませんか?当サイトで掲載中の高級キャバクラ体験談を読んでおけば、より高級キャバクラを楽しめること間違いなし!まだ高級キャバクラを利用した経験がない初心者さんも、何度か利用しているベテランさんもぜひ参考にしてくださいね。

新宿にある超有名店に突撃してきました!

奥行きがありすぎる広いフロア 特別感が満載の室内の様子

大都会歌舞伎町に現れたオアシス

リニューアルオープンしたという情報を聞きつけ、いざ【revju(レヴュー)】に潜入!まずは、知らない方のためにどんなお店かご紹介します。フロアに足を踏み入れると1番驚くのは、先が見えないほど広い店内。100坪もある空間は、ブラックのインテリアで統一されており、ワンポイントでゴールドがあしらわれたラグジュアリーな雰囲気。キャストの在籍数も多く、いつ遊びに行っても女の子が選び放題のお店です。

さらに、メインフロアとはまた違った内装が特徴のVIPルームも完備。温かみのあるブラウンとベージュがより高級感を演出しているんです。たったの1度だけそこで過ごしたことがありますが、今までで1番の贅沢体験でしたね。もちろん、お値段も何度見返したかわからないほどの金額になっていましたが…(笑)そんな”レヴュー”は、何度行っても飽きないとこの私が責任をもって断言します!。

絶世の美女しかテーブルにやってこない

感動の出会いが訪れる…!

実は行く前から、大本命がいたんです。写真を見て、そのセクシーな目と唇にくぎ付け。さらに「もはや服きてないじゃん」という、きわどいショットを見てしまったもんだから、もう会わないという選択肢が完全にありませんでした。

お目当てが来るまでも何人か女の子とおしゃべりしましたが、みんな可愛くスタイルも良く、何度も気持ちが揺らぎつつも、待ちに待った瞬間がやっと訪れるのです。「お待たせしました」と私のもとに舞い降りた天使『けいちゃん』。実物の方が華奢で、肌の白さといい、顔の小ささといい、お人形さんみたいな美しさでした。もうそこからの時間はあっという間。楽しくて、そして調子に乗って、何本もシャンパンを開けてしまいました…。

キャストの見た目が良いのはもちろんですが、【レヴュー】の魅力は確かな接客力だと思います。その場に合ったサービスで、お店一丸となりお客様を満足させる。これこそが、人気の理由なんだと再確認しました。

あの大手グループ店の新店が池袋に…

有名な大手グループのお店が池袋でOPEN 色とりどりでお洒落な内装やソファ

今宵、キャバクラの概念が覆される!

夜遊びをする男性で知らない人はいない、超・有名な“プリンスグループ”。実は自分…、この系列店全て制覇しているほど大好物!そんな相性抜群のプリンスの新店が池袋にオープンしたと聞き、早速行ってまいりました。

その名も【レッドシューズ】。店名だけで想像力が掻き立てられますよね。入ってまず驚いたのは内装。「ここはキャバクラか…?」というようなオシャレさでした。例えるなら、代官山や表参道にある隠れ家的カフェ。色とりどりの素材感が異なるソファー、アンティーク調のテーブル、その一つひとつにこだわりを感じました。

気になるキャストはというと、“素”で可愛い女の子が多いという印象。キャバクラでよく見るバッチリメイクではなく、素材の良さが引き立つ着飾り方をしていてレベルの高さをひしひしと感じました。テレビや雑誌から飛び出してきたかのような美人さんばかりでした。

系列店の中でクオリティがワンランク上"

ルックスだけでない、彼女たちの魅力!

自分がこのグループ店が好きな理由は、キャストの質なんですよ。しっかり厳選されていて、教育も行き届いている。さらに、それが接客という堅苦しいものではなく、自然と彼女たちからにじみ出ている雰囲気が話していて心地いい。女の子の見た目だけが良いお店はたくさんあるけど、内面まで美しいと感じるのはここのキャストたちがいかに選び抜かれているかということ。人選をしている経営陣に一度お会いしたいくらいです(笑)

中でもこの【レッドシューズ】は、系列店の中でもずば抜けてクオリティが高いと思いました。会話の引き出し方がうまく、自分のことをペラペラと話している事実に驚きながらも、心が満たされていく感覚に満足。よくお店の紹介に“癒されますよ!”と書いてあるけど、ここは正真正銘のオアシスでした!そして延長に延長を重ね、お会計額は目をつぶってしまいたくなりましたが、自分史上TOP3に入るくらいの最高な夜を過ごせました。

池袋にある“SEASIDE~シーサイド~”を調査してきました!

池袋SEASIDEを調査! あまりにゴージャスな店内に圧倒されて

入って10秒間、トキが止まってしまいました。

今夜の遊び場は、【池袋SEASIDE~シーサイド~】というお店。最近銀座のクラブばかり入り浸っていましたが、そろそろ新規開拓するべく、池袋に足を踏み入れました。

オシャレなエントランスを抜けフロアを覗くと、一面に広がる煌びやかな世界。結構キャバクラ遊びには慣れているはずなんですが、想像の遥か上を行くこの豪華さに思わずフリーズ(笑)恥ずかしいことに、キョロキョロしてしまいました。

今まで見たことのない、ハイセンスなインテリアに驚く自分を何とかして落ち着かせ、スタッフの後を追いました。席に案内され、まずは1セットからスタート。もうすでにこれから訪れるであろう最高な時間を想像し、「今日は勝った~」と心の中でガッツポーズをし、女の子を待ちました。

最高の空間で美女と乾杯

このうるさいくらいの胸のトキメキを、誰か止めて!

となりに来てくれたのが『ひろ』ちゃん。実は事前に調べた時に見つけた、どストライクの女の子。「緊張なんかするはずない」と自分に暗示をかけ、まずは乾杯しました。笑った顔まるで天使。見た目だけでなく、接客も言うことなし。すごく聞き上手で、一緒にいて居心地が良い、そんな子でした。

1セットではもちろん足りず、延長。そして思わず、奮発してシャンパンをいれてしまいましたが、後悔は一切ナシ。この幸せな時間が続くのなら、いくらでも払いますという気持ちに。一回行ったらハマる確率99%なので、しっかり覚悟を決めていくことをオススメします。

自分は来週も【池袋SEASIDE~シーサイド~】へ。いつかこれを読んでいるあなたたちと、お店でバッタリ会うかも知れませんね。

上野・湯島に爆誕した高級キャバクラに潜入してきました。

新規オープンしたばかりのお店に訪問 真新しいフロア

え、本当にできたばかり?」可愛い子がたくさん居ました。

「あれ?こんなお店あったっけ」と先日上野の中町通りを歩いていて気になるキャバクラを見つけました。まだできたばかりで看板もピカピカ!【R~club~ (アールクラブ)】という店名で調べたら2020年の6月1日オープンの本当の新店でした。

高級キャバクラには長く通ってますが、完全新規店にオープンからお邪魔するのは初めて。満足度に懸念がありましたが、地下へと続く階段を降りるとフロアは文句なしの美しさ。「あれ?もしや当たりなのでは?」と思いながらシステムの説明を受けまずは1セットからスタート。さて、どんな女の子が来ることやら。

店内も女の子も綺麗だった

正直(笑)期待してなかったです。いい意味で裏切られました。

最初に隣に席に着いてくれたのは『つばき』ちゃん。このお店で働きたくてわざわざ移籍してきたとのこと。「凄くきれいなお店ですよね」と笑う姿にお店愛がよく伝わってきました。お話好きということで話題が尽きることなく終始賑やか!とても楽しませてもらいました。

次に付いてくれた子はごめんなさい。名前は忘れちゃったんですが広島から出てきたお姉さん。いかにもってキャバ嬢さんじゃなく、クラスのマドンナ的な女性で親しみやすい。こういう子と結婚できたら幸せなんだろうなって本気で思いました(笑)

上野・湯島【R~club~(アールクラブ)】夜は8時からOPEN中とのこと。日曜祝日はお休み、席の予約は当日なら受け付けしてくれるそうです。一回お試しで行ったらハマること間違いなしですよ。

銀座で今までにないスゴイ体験をしてきました!

銀座で未知の体験! 大人の男たちの隠れ家

まさか、銀座に隠れ家を持つことができるとは。

「大人の男性が追い求める夢ってなんだろう?」と先日友人と話している時に話題になりました。綺麗で気立ての良い奥さんを嫁にもらうこと?会社で役職になり外国車を乗り回すこと?いろんな話が出ましたが、みんなが一様に同意したのは【隠れ家を持つこと】でした。子供のころに熱中した秘密基地作りの究極系です(笑)

友人の一人が言いました。「俺、銀座に隠れ家があるから今から行こう」と!連れていかれたのは、『MILANO CLUB(ミラノクラブ)』。重厚なドアの先にはラグジュアリーな内装、落ち着いたライトアップ、そして迎えてくれる美女と美味しいお酒、まさしくそこは男のロマンがすべて詰まった場所でした。

お店の雰囲気に怖気付いていたが

銀座は敷居が高すぎると思い込んでました

大理石の通路を歩いて席へ案内されている時、「自分は場違いなんじゃないか」と正直怖気づいていました。ですが、友人は人の気も知らないでガンガンお店の奥へ。

ず~んと沈んでいる筆者の隣に席に着いてくれたのは『Aさん』。気乗りしない顔をしているのにすぐに気が付いて微笑みかけてくれました。「緊張されてますか?実は私もなんです(笑)」とはにかむ姿が女神のようです。夜っぽさのない上品な彼女と話すうちに不安をすぐに溶けていき、自然に笑えるように。「よかった。やっと笑ってくれましたね」と手を握られて昇天する思いでした。

この日、一番驚いたのはこの後。なんとお会計が2万円でおつりが来たんです。銀座の高級キャバクラは席に着くだけで5万円は飛びそうだと思ってました。最後、一緒に行った友人が「な?ここを隠れ家にしたくなったろ?」とドヤ顔してきたのはイラっとしましたが、本当にその通りです。銀座に通えるお店があることで男として箔をつけることができました。

東京の楽園の名を持つ名店へ行ってきました!

ベネ東京に訪問!

敷居の高さがずっとネックでした。

画像引用:VENET TOKYO ROPPONGI

高級キャバクラの最高峰!全てが全国トップクラスのお店【VENET TOKYO(ベネ東京)】に遊びに行った時のお話をさせていただきます。『VENET TOKYO(ベネ東京)』はもともと、『THE VENETIAN TOKYO(ヴェネチアン トウキョウ)』という名前だったのは有名過ぎる話で筆者でも知っていました。「福岡の有名なクラブが東京に来たんだ」とは思っていたのですが、敷居が高くなかなかお店へ行くチャンスに恵まれずにいたんです。

ずっと、行けずにいたんですが、先日この話を同僚にしたらなんとそいつがたまたま福岡出身で「知り合いが働いているから今から行こう」となりました。こんな偶然ってあるんでしょうか?本当に驚きです。

煌びやかな装飾が施された内装 高級感を演出する照明

「ここに来れて良かった」心からそう思えました

画像引用:VENET TOKYO ROPPONGI

いざ、お店に向かうとまずその、普通のお店とは違うオーラに圧倒されてしましました。まるでテレビドラマのセットのようです。そして、キャストさんもみんな本物の女優さんみたいにキレイなんです。席についてくれた子は、なんと福岡のお店でも働いてたというKちゃん。オープンと共に東京に上京してきたそうです。

時々会話のアクセントになる博多弁がとっても可愛くて、思わず場内指名してしまいました。1セットなんてすぐに終わってしまい、延長、延長の繰り返し。最後のお会計は正直みたくない数字になってしまって友人と一緒に青い顔になりましたが、後悔はありません。また行きたいなと心から思えるお店でした。

高級キャバクラだからこそのメリット!

唯一無二の魅力がある

他では味わえない優越感を感じられる

私が高級キャバクラに通う理由には「ガールズバー、キャバクラ、クラブと色々行ってみたけど高級キャバクラが1番」というのがあります。色々なお店に行ってみたからこそ、高級キャバクラの魅力が分かったんです。

キャストのクオリティやサービスの質が、しっかりと支払う料金に見合っていると思います。 また高級キャバクラでリフレッシュする時はそれなりにお金を使うので、また「稼ごう!仕事を頑張ろう!」と思わせてくれるんです。

その中でも1番にメリットに思うことは、同伴やアフターをする時! キャストの質が高いので、街を連れて歩けばチラチラとすれ違う人からの視線を感じます。 この時に感じることのできる優越感が何よりの魅力です。

接待で有効活用する

プロ意識の高いキャストが揃っているからこそできる接待術とは

私にとって高級キャバクラは「大切なクライアントの接待で利用し、クライアントとの絆を深めるキッカケとなってくれる場所」でもあるんです。その理由には、美しい女性に囲まれてお酒を飲んでいるとクライアントも気を許してくれやすくなるというものが挙げられます。高級キャバクラはキャストの質に限らず、サービスの質まで高いためビジネスにも使えるんです。

さらにクライアントと絆を深めたい時は、キャストにチップを渡してアフターにも行きます。プロ意識の高いキャストとアフターまで行くと、クライアントとの距離がグッと縮まること間違い無しなんです。以上が、高級キャバクラを愛用している理由と、その魅力です。

プライベートでいけば仕事の活力となり、ビジネスでいけば仕事の成功が近づくというメリットがあると感じています。そしてポイントは仕事の活力に繋がるという点です。決して高級キャバクラは、金銭的に無理して通う場所ではありません。余裕のあるお金でリフレッシュし、また明日からの仕事の活力にする場所と言えます。

魅力溢れる高級キャバクラで遊ぶために、仕事を頑張ろうという感覚を身につけましょう!そうすればきっと新しい、良い人生が開けると思いますよ!

高級キャバクラでワンランク上の男に

たいして変わらないだろうと思ってた

「普通のキャバクラと変わらない」そう思っていた

「高級キャバクラと言ってもただ高いだけだろう」そう思っていた時期が私にもありました。お酒を飲みながら女の子とちょっと話すだけなら、どこの夜のお店でも同じかなって。わざわざ高いお金を払うのは馬鹿らしいと思っていたんです。でも、上司に銀座の高級キャバクラに連れて行ってもらって考えが変わりました。想像していたより数百倍良い空間が私を待っていたんです。

実際に体験すると様々な違いが

経験を積んで魅力的な男になれる

高級キャバクラでまず驚いたのは、めちゃくちゃ美人なキャストしかいないこと。さらに、どの子も教養があって、当たり前のようにこちらの話についてくるんです。知的な会話に刺激されまくりでした。思っていたより遥かにお酒が美味しかったのも最高です!その分お値段は張りますが、高級酒の味と名前を覚えられたのは良い経験でした。

社会人になると、接待やら何やらお付き合いが多いですからね。相手のトークに付いていける知識や、お酒のあれこれを知っているかは重要です。銀座の高級キャバクラならではの独特な空間で、それらを学べるのは非常に大きなことだと思います。男としての魅力を磨くために、これからも定期的に高級キャバクラへ通う予定です。

やけくそになって行ったはずだったのに・・・

新宿の歓楽街をあてもなく徘徊

憂さ晴らしをしたくて街を歩いていた

仕事で理不尽なことで上司に叱られた日でした。なんだか全部どうでもよくなって、ケンカでもなんでもいいからなにかこのモヤモヤを晴らせないかなと思って新宿の街をあてもなくブラブラしていました。映画館がある通りから有名のキャバクラ街に向かっていた時です。酔っ払ってる俺を心配するようにキャッチから声をかけられました。

キャッチと言ってもよくいるチャラチャラとした男ではなく、スーツ姿の普通のイイカンジのおじさん。いつもだったらキャバクラなんか興味ないし、絶対に付いていくことなんかないのに、その日だけは「ぼったくられてもいいや」と気が大きくなってたのもあり、その男が案内する店へ行くことにしました。

店内の豪華な作りに危機を感じ

見るからに高そうな雰囲気に逃げ腰に・・・

大きなシャンデリア、赤い絨毯、煌びやかな調度品の数々に正直、「あ、やばい」と思いました。重そうな扉の先にあったのはテレビで見るような“THE・高級キャバクラ”といった空間。あの、有名なルーぺのCMそのものです。政治家が豪遊するような非現実的な雰囲気に圧倒され、席についてカバンから取り出したペットボトルの水を一気飲み。飲み終わったらすぐに女の子が席に付きました。

「こんばんは。お酒じゃなくて、お水でいいですか?」
「え?」
「店長から介抱してあげてって言われましたよ(笑)」

そこから、ただ普通に冷たいお水を飲みながら、今日会社であったことを愚痴りまくりました。彼女たちと話していると、どんどん気持ちが上向いていくのがわかります。 最後席を店先で店長さんに挨拶している頃には、明日からまた頑張ろうって気持ちになっていました。 女の子を指名はしなかったので、一人の女の子と長く話せなかったのは残念でしたが、店長さんの素晴らしい気遣いにいい意味で騙され男泣きしました。

興味本位で高級キャバクラに行ってきました

興味本位で高級キャバクラに行ってきました

友人から評判を聞いて

友達があまりにも高級キャバクラを絶賛するんで、ボーナスが出たタイミングで行ってきましたよ。どうせキャバクラと大して変わらないくせに、値段だけ高いんだろ?と思ってました。 でも高級キャバクラの入り口に入った瞬間から「あ、これは全然違うわ」と感じましたね。

最初に目に入ったのは、見たこともないようなでかいシャンデリア!貴族たちのパーティーでも開かれるのか?と思うくらいの豪華さです。そして廊下には高そうな絵画やボトルなどが飾られていました。ここまで内装に違いがあるのか、と度肝を抜かれましたよ。

そして次に感心したのは、男性スタッフの対応の仕方です。私がいつも通っているキャバクラのボーイは、客への対応がけっこう適当(笑)良く言うとフレンドリー、悪く言うと馴れ馴れしい感じです。でも高級キャバクラのボーイはスーツをピシッと着こなして、受け答えがとても丁寧。漫画なんかでよく見る執事のような印象でしたね。

可愛い女の子しかいない

キャストのレベルが全然違う

そして肝心のキャスト!!!キャバクラだと、何人かハズレの子っているじゃないですか?ぽっちゃりだったり、顔が微妙だったり、髪がパサパサしてたりとかw

高級キャバクラには、ガチで当たりの子しかいません。もちろんキャスト全員と話したわけではないんですけど、フロアにいるキャストを一通り見ると、どの子もめっちゃくちゃカワイイ!顔だけじゃなく、モデルみたいにスタイル抜群な子ばかりでした。

しかも彼女たちの良さは容姿のみではありません。トークがとにかくうまい!キャバクラの子は何を言っても「ウケルー!」って感じでしたが、高級キャバクラの子とはもっと深い話ができます。まぁ要は頭が良くて、知識があるってことですね。どんな話題を振ってもちゃんと話についてこれるのは、本当にすごいことだと思います。

また来店したいと思える魅力がそこにある

すっかりと高級キャバクラの虜に

あんまり期待してませんでしたが、高級キャバクラはとても魅力的でした!もちろんキャバクラの2倍以上の料金ではあったけど、それでも「また来たい!」って思えるくらい魅了されましたね。これからはキャバクラに行く回数を控えて、高級キャバクラに通います!

成功したいのなら高級キャバクラへ行こう!

成功したいのなら高級キャバクラへ行こう!

普通の会社員でも高級キャバクラに通える

高級キャバクラと聞くと、皆さんはどんな印象を抱くでしょうか?「料金が高そう」、「社長や医者など金持ちの客しかいない」、「一見さんお断りのイメージ」、敷居が高いと思い、なかなか高級キャバクラを利用できないという男性もいるのでは?大丈夫!一般的なサラリーマンであっても、ちゃんと高級キャバクラに通えます!

『抜きモノを頼まなければそんなに高くない』

キャバクラと言えば、シャンパンで盛り上がってる姿を想像する人が多いでしょう。でもそんな派手な飲み方をする必要はありません。セット料金に飲み放題のボトルも含まれてますから、あとはキャバ嬢のドリンク代を出せばOKです。そうすれば平均的な年収の人でも、ちゃんと払える額になりますよ。

『意外とサラリーマンもいる』

お客さんの中には、普通のサラリーマンも多いです。上司との付き合いや接待で利用している人だけでなく、一人で指名嬢に会いに来ている人もいます。お金持ちのお客さんと比べると使う額はどうしても少なくなってしまいますが、キャバ嬢はきちんとサービスしてくれるので安心してください。

『有名キャバ嬢見たさに観光客も来る』

普通のサラーリーマン時代から高級キャバクラに通っていて

高級キャバクラには、メディアで有名なキャバ嬢がいる場合もあります。彼女をひと目見ようと、地方からの観光客や学生なんかもたまーにお店に来たりするんですよね。男性スタッフもキャバ嬢も、一見さんだとわかった上で対応しているようなので「高級キャバクラは一見さんお断り!」ってわけではないようです。

ちなみに私が高級キャバクラへ通い始めた時は普通のサラリーマンでした。年収も平均くらいで、当時は「3ヶ月に1回は通えたらいいなー」と思っていたくらい。でも今では会社で役職に付くことができ、通える頻度もググッと上がりました。やはり高級キャバクラにいるセレブたちを目の当たりにすると、「自分もあのステージへ行きたい!」と思うんですよね。「モチベーションを上げたい」、「成功したい」と思ったら高級キャバクラへ行くのがおすすめです!  

落ち着いて飲むなら高級キャバクラがおすすめ

いつも指名していた女の子が引退

お気に入りのキャバ譲の引退がきっかけで

長年通っていたキャバクラがあったが、残念なことに指名嬢が引退。それをきっかけに、新しいお店を探し始めた。俺はもうアラフォーで、それなりの稼ぎもある。ちょっとランクを上げて『高級キャバクラ』へ出向くことにした。

俺が行った高級キャバクラは、20代後半~30代がメインで活躍しているそう。なるほど、確かにフロアにいる女性を見渡すと、見た目は若いがどの子も落ち着きがある。今までのキャバクラは20代前半の若いキャバ嬢ばかりで、ワイワイ楽しく飲んで騒ぐというのがスタンダードだった。しかし、高級キャバクラはキャバ嬢とゆっくりお酒を飲みながら語らう場所のようだ。

「うーん、俺に合うかな?」と心配になったが、すぐにその懸念はなくなった。席にやって来たキャバ嬢・ゆりえが、俺のドストライクだったからだ(笑)女の子のレベルが高いなとフロアを見渡した時に思ってはいたが、まさかここまで自分の理想に近い美女がいるとは!

指名を即断した"

すぐに指名すると決めた

とにかくそばに置いておきたい。そう思った俺は挨拶を1言2言交わして、すぐに場内指名をした。「わ、うれしい。ありがとうございます~」そう言って、俺と密着して座るゆりえ。香水だろうか。とても甘くていい香りがした。

「何を飲む?シャンパン頼む?」ゆりえはそのセリフを聞いて、ちょっと驚いた顔をした。そしてゆっくりと微笑んで首を振った。「普通のドリンクで十分ありがたいです。シャンパンのお金は、次の来店までに取っておいてください。楽しいって思ってもらえたら、定期的に通ってくれるともっとうれしいですね」

さすが高級キャバクラ。目先の利益よりも、次の来店に重きを置いたのだ。前のキャバ嬢なら「やった、ラッキー♪」と喜んでシャンパンを受け入れただろう。一応現金を多めに持ってきたが、会計時に払った金額はわずか数万。この程度の金額なら、明日にでもまた店を訪れたい。そう思えるほど、楽しい時間を過ごせた。

ゆりえの思惑通り、俺は高級キャバクラへ通うことにしたのだった(笑) 

高級キャバクラで仕事のストレスを発散!

外回りの営業はきつい

精神的に辛くなった時に

私は営業の仕事をしているのですが、正直かなりストレスが溜まります。飛び込み営業では「さっさと帰れ!」と罵声を浴びせられることがありますし、ルート営業もクライアントの機嫌を損ねないように常に笑顔を維持しなければなりません。そんな日々が続くと温厚な私でも爆発寸前になり、会社をバックレようかと思ってしまうんです(苦笑)

平常心でいられなくなった時、私は決まって高級キャバクラに行きます。その目的は、美しい女性たちに思いっきり愚痴を聞いてもらうため。彼女たちは私が誰の悪口を言おうが咎めたりは絶対にしません。それどころか「大変ですね」「お辛いですね」とねぎらいの言葉をくれるんです。彼女たちにそう言われるだけで、胸の中でドロドロしていたものがスッと溶けていく感覚になります。まさに、私にとってのストレス発散の場になっているんです。

LINEのやり取りなどでも癒してくれる

店外でも安らぎを与えてくれる

彼女たちが私を慰めてくれるのはお店の中だけではありません。LINEを交換しているので、高級キャバクラへ行かない日も頻繁に連絡のやり取りができます。「おはようございます!今日も1日頑張りましょう♪」、「お疲れ様です!今って営業中ですかね?空に虹が出てました~!」、「今日もお互い頑張りましたね!早くお会いしたいです!」美しい女性たちから、こんなLINEがほぼ毎日届きます。疲れている時に見ると、かなり心の癒やしになるんですよね。

彼女たちのサポートのおかげで私は営業を必死で頑張り、契約を取って昇給!おかげ様で同年代よりも多めに稼げています。高級キャバクラと私は、まさにWIN-WINの関係と言えるでしょう。大衆キャバクラに比べると高級キャバクラは少々値が張りますが、私は納得しています。キャストのレベルが高い、愚痴を聞いてくれる、LINEで連絡も取り合える。これだけのサービスがあるのなら、決して高くはないと思います。仕事でストレスの溜まっている男性の方!ぜひ一度、高級キャバクラへ行ってみてくださいね。 

自分を変えてくれたのは高級キャバクラでした

必死に這い上がろうと

人生の負け組にならない為に努力を重ねて

僕は子供の頃から地味な見た目で運動が苦手だったため、いじめの対象になることも少なくありませんでした。友達が欲しいと思っても作り方がわからず、他人の目線や言動に気を遣うばかりの日々。『このままでは自分の人生は永遠にいじめられっ子のままだ』そう思った僕は、必死で勉強し有名大学に合格。人と話すことが相変わらず苦手でしたが、なんとかSEとして大手企業にも就職できました。真面目だけが取り得の僕は順調にキャリアアップし、どんどん昇給。他人から見れば、順風満帆に見えたと思います。

でも僕はまったく自分の人生に満足していませんでした。女っ気がないんです!!!!職場はほぼ男しかいないので、出会いはまったくありませんでした。というか、女性がいたとしても僕は絶対に見向きもされないでしょう。地味で運動が苦手なのは相変わらずですし、見た目もオタクっぽいし……。30代にもなると「きっと僕は、一生独りで生きていくんだろうなぁ」なんて考えるまでになりました。

高級キャバクラに通うようになったのは

高級キャバクラは上司の誘いがきっかけで

そんな時、上司に高級キャバクラへ付き添うように言われたんです。「お前は女慣れしてなさそうだし、練習がてら連れて行ってやる!」と言われまして。最初はどうかな~と思ったのですが、もしかしたら変われるチャンスかもしれないと思い、2つ返事で承諾しました。

結論を先に言うと、高級キャバクラへ行って本当に良かったです!何を話せば良いかわからずとまどっている僕に、キャバ嬢たちは色々と話題を振ってくれて楽しい時間を過ごせました。さすが接客のプロ!って感じですよね。

「とても素敵な男性なのに、彼女がいないなんてもったいない!」、「今はマッチングアプリとかあるし、自分から動けば出会いなんていくらでもありますよ!」というアドバイスもしてくれて(笑)もう恋愛とか結婚とか諦めていたんですけど、もう少し頑張ってみようかなって考えを改めましたよ。

まずは高級キャバクラに通って、キャバ嬢たちとスムーズに会話できるよう練習してみるつもりです。女心を彼女たちに色々と教わりながら、婚活も進めていけたらいいな~なんて考えています!

高級キャバクラは私の人生のスパイスだ

刺激を求めて

妻と結婚してもう10年が経つ。

付き合った頃は一緒にいるだけで胸が熱くなったものだが、長年一緒にいるとそれもなくなる。だからたまに。本当にたまになのだが、他の女に目移りしてしまう時がある。昔のようなトキメキを取り戻したいという本能が働いているんだろう。妻のことは愛しているが、残念ながら刺激が足りないんだ。ただ普通の女性と交際をしたら、それは完全な不倫だ。愛している妻を裏切るような行為は絶対にしたくない。そこで私は、『高級キャバクラ』に通いだした。

高級キャバクラには、ハッと目が醒めるような美女たちばかりがいる。彼女たちの隣に座って一緒に酒を飲むだけで、とても良い刺激になるんだ。帰りには決して安くはない料金を支払うというのも良い。「彼女たちはあくまでも仕事で相手をしてくれている」と最後に実感できるため、本気にならないで済むんだ(笑)ただそう理解はしていても、たまに心が躍るような出会いがある。私が愛華と出会った時もそうだった。

若い頃の妻とうり二つ

若かりし頃の妻の姿と重なる女性が

彼女の顔を見た途端、私はすぐに場内指名をした。ルックス・スタイルが20代の頃の妻にとても似ていたんだ。一緒にいるだけで、まるで思春期に戻ったように胸が高鳴ったよ。妻に似ている旨をそのまま彼女に伝えると「まぁ。本当に奥様を愛しているんですね!」とにっこり微笑んでくれた。正直、その瞬間に私は愛華に惚れてしまったんだと思う。

しかしその後、愛華と会うことはなかった。店のスタッフに聞いたら、就職先が決まってキャバ嬢を辞めたらしい。当時は寂しい思いをしたが、今は神がくれたひと時の夢だったと思ってる。今も新しい高級キャバクラへ行く時は、愛華がいないかフロアを探してしまう私がいる。それほど忘れられない存在と出会えるのが、高級キャバクラなんだ。高級キャバクラは男に“ひと時の夢”を売る場所。またあの時のような熱い気持ちになれる日が来るんじゃないかと、今も高級キャバクラに通い続けている。